◆基礎知識:節電効果のある太陽光発電

これからの世界は恐ろしい原子力から卒業し、自然の力を最大限利用した電力事情が求められてくることでしょう。
人類の力では原子力の暴走を抑えることが不可能であることから太陽光発電の導入が加速しているのです。 近年2010年度から始まった補助金制度の内容によりますと、補助金額がシステム1kw当たりに7万円となります。
そして太陽光発電の価格が1kw当たり65万円と少し前とは比べ物にならないほど安くなっているのです。
太陽光発電を全国的に普及させるという政策から現在では固定価格買取制度が打ち出されています。
これからの状況によっては風力発電などといった自然のエネルギーを含む全量買取制度というものも実施されるかもしれません。

 

太陽光発電の設置価格につきましては1kw当たり70万円とされていますが、これには注意をする必要があります。
機種や導入をする規模によって、65万円以内で設置をすることが難しくなってしまうケースもあるのでご注意ください。





当たる占い 東京おすすめサイト
当たる占い 東京
URL:http://petite-petal.com/area/tokyo/


◆基礎知識:節電効果のある太陽光発電ブログ:06-6-2017

厳しさとやんちゃさを兼ね備えた親父、
そして、穏やかな、どこかお茶目な母親の元で
わしは育ちました。

家には、色紙に書かれた家訓ならぬ、
親父のお気に入りの言葉が書かれた色紙が
所狭しと家の壁に貼られていました。

たくさんのことをお子様に残したかった親父。
親父の教えや決まりごとの意味は、そのときは難しくて分からなくても、
大人になるにつれて理解できるようになっていました。

だけど、一つだけわからないものがありました。

「1食2膳」
食べる事1食につき、ごはんを2杯以上食べなさい…
というものでした。

「残さず食べなさい」という躾もありましたが、
それに追加して、なぜ「1食2膳」?

体型などが気になるお年頃の時期は、
とても嫌な決まりごとだったのです。

むしろ、ごはんをお茶碗半分にしたい…
そう感じたことも何度もありました。

ごはんを2杯食べないことが見つかろうものなら、
不機嫌になる親父。
「お前らがしっかり食べないと、働いている意味がないだろう!」
「そんなことなら、働かんぞ!」

なんで、機嫌が悪くなるの?
だからって、どうして働かなくなるの?
当時のわしには、怒られていることに気をとられて、
親父の思いが分かりませんでした。

しかし、少し巻き戻してみると
答えは明らかでした。

親父は、わしたち家族がたくさん食べることで、
働く意味を感じてきた人だったのです。

なので、
わしたちが食欲のないときには、
働く意味を感じられなかったのでしょう。

親父も母親も戦後間もない頃に生まれ育ったので、
その時代背景を考えれば、
今のように飽食の時代ではありませんでした。

だからこそ、
家族に充分にごはんを食べさせることが家族の幸せであり、
親父にとって意味あることだったのですね。


ホーム サイトマップ