◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電

もし太陽光発電の力を借りて電気を作りますと、昼間は停電時の心配が無くなります。
それだけではなく、二酸化炭素排出を削減することが出来ることから、地球規模で社会貢献が可能なのです。 太陽光発電は初期費用がまだ高いという事実は、設置を考えてしまう大きな要因となっていることでしょう。
また日中作られた電気を貯めておくことが不可能なのが太陽光発電で非常に残念な特徴なのです。
最近注目されている太陽光発電にもまだまだいくつかの問題点があると言えます。
日常に使用することとなるエネルギー源で大きな問題となるのが、悪天候や夜間におきましては太陽光発電は使用する事が出来ないことなのです。

 

太陽光発電は発電量が足りない時や夜間はいつも利用をしている電力会社から電気を購入する必要があります。
設置をすることによって生じてしまうデメリットはこれから改善されていくことになるとは思いますが、現在におきましては地球環境を考えたエコの一貫として設置をすると良いでしょう。



◆基礎知識:まだまだ問題点の多い太陽光発電ブログ:14-6-2017

こんばんわっすー。

年々ハロウィーンのイベントって
盛大になってきていますね。

お化けに仮装した子どもたちが
「Trick or treat?(おかしをくれなきゃいたずらしちゃうぞ)」
と言いながら、家々を回るハロウィーンを
日本のおかしメーカーが放っておくわけもありませんでした。

チョコレートやクッキーのように
限定したおかしではなく、
おかしという括りなら参加自由というのは、
絶好のビジネスチャンスでしょう。

ショートケーキはもちろんのこと、
お煎餅や和菓子までハロウィーン仕様で登場しています。

日本の秋の行事は、
各地のお祭りやトレーニング会くらいしかないため、
ハロウィーンが10月というのも幸いしたのでしょう…

そもそもハロウィーンというのは、
カトリックの聖人をお祭りするもので、
ハロウィーンには死者の魂がこの世に戻ると言われています。

子どもたちがお化けの姿に仮装するのは、
あの世から来た悪魔が取りつかないようにとか、
逆に悪魔を驚かすためだそうです。

カボチャの提灯の由来は、
素行の悪い男が死んでもなお聖人を騙したため、
地獄さえも行けず、その魂は闇夜をさまようことになりました。

その時カブをくり抜き、
悪魔から与えられた灯を入れて提灯にしたというのが元ですが、
ネパールではカブより馴染みのある
カボチャになったということだそうです。

それにしても、
仮装もおかしもその言葉だけで
子どもたちはワクワクしてしまうでことでしょう。

それに便乗して大人もワクワクし、商売も繁盛する…
それが日本的ハロウィーンということだと思います。

―地球滅亡まであと427日―

ホーム サイトマップ